未来実感ラボの目標

ラボを訪れて下さった方に様々な未来を実感して頂き、未来は不安や危機に満ちているだけでなく、夢や希望にも満ちていることを実感して頂くことを目指しています。

池田 誠

IKEDA Makoto

いけだまこと

イケダマコト

東洋大学国際地域学研究紀要

気候変動と地球環境 (2015)

地球環境と平和と繁栄(2016)

は校正前のカラー版)

201837日更新

 

アシスタント募集中

このテーマに関心がある方で、

月10時間から20時間程度、

主にネットで、ワード・エクセル・パワポなどの作業を依頼。

詳しくはメールにてご相談!

(僕は東京都杉並区在住です。)

 

池田の略歴:20173月まで東洋大学教授(職歴:高知総研・三菱総研・地域公団)

案内役のアンナとラボロを新しいキャラにしました。

 アンナです!
分からないことを質問する美少女です!

 ラボロですら!
ラボの案内用の優秀なロボットです!

未来実感ラボとは、コンピュータの中に人工的な社会(人工社会)を創って、大勢の人々に相互作用を行ってもらい、2100年までの人類の未来を、様々な条件下で模擬的に実験するシミュレーション・モデルが動く様子を見たり、実際に条件を変更して動かしてみたり、モデルを作成したりして、実際に体験して感動して頂くための実験室(ラボ)です。

マルチエージェント・シミュレーション(MAS)とシステム・ダイナミックス(SD)を使っています。

ここで使用しているソフトは SimTaKN(開発者:中村州男さん Vector からダウンロード
操作ガイド
オンラインヘルプ
簡単なデモYou Tube

artisoc(株)構造計画研究所の登録商標です。
山影進著『人工社会構築指南』(2007)書籍工房早山
  
全文付きリンク
簡易リンク版 PDF

SimTaKN2artisoc
 人工社会構築指南
 全文付きリンク PDF 

ちょっとマンガチックで、かなり総合的な人類社会のモデル化の試みです!「コンピュータ・シミュレーションで探る人類の未来」を実感して頂くための実験室(ラボ)です。

世界価値観調査(19802015)から面白いテーマを紹介!

文明と各国・地域との関係(案)★世界価値観調査を見る際の一つの参考資料として期待! 2018228

1990年代前半頃の望ましい未来について★日本は、中国や韓国と似た傾向ですら! 2018221

世界19か国の幸福感と生活や家計の満足度と一人当たりGDPの関係1980年〜2010年)日本とアメリカ★一人当たりGDPと幸福感と生活や家計の満足度は、時として無関係ですね!2018214

1980年代前半頃の望ましい未来について★日本人は、権威に対する警戒感と働く場所を重視する傾向が強いですら!201827

進化心理学と人文社会科学 世界はどこに流れ着くのか 2017123


未来実感ラボってなに? 20171012
詰め込みすぎって言われているので改善が必要ね!

★失業・不安・政治的不安定・腐敗・信頼について (PDF版:30MB:約50頁 ★モデルのZipファイル

失業・不安・政治的不安定・腐敗・信頼について (PDF30MB:約50こちらからダウンロード) 
 モデルのZipファイル(binary model flh

世界の人々の4つの方向(下図) 201811

http://simtakn.net/WVS/WVS_01_index.files/image013.jpg

 

次の予測を簡易化して再現

 1.人口モデル/国連予測
 2.GDP
モデル
   OECD
の社会経済パス
 3.GDP
と人口モデル
 4.
年齢構成モデル
 5.
エネルギーモデル
 6.
温暖化モデル
   IPCC
の温暖化パス
 7.
食料危機モデル
 8.
食料危機と地域連携モデル
 9.
枯渇モデル

池田誠著『人類社会1万年のシミュレーション:人工社会研究ノート』2012、書籍工房早山
You Tube
でご覧ください。
 
p.63 食糧を家族で
 p.131 10地域と集団
 
p.130 10地域の交流
 
p.129 圏域別の利得

本のモデル・リンク集
 
第1章と第2
 第3章と第4
 
第6 5章はエクセルの図なのでリンクはありません
参考:
人口のパターン

  SimTaKN2artisoc
 人工社会の基礎モデル
概要PDF 図付きリンク版 図なしリンク版

SimTaKN2artisoc
 地域モデルを作ろう
 
全文付きリンク PDF
 システム思考を学ぶ

Research focuses on computer simulation for sustainable development, applying multi-agent   simulations and system dynamics modeling based on a social systems approach.

 

 MAS=マルチエージェント・シミュレーションとは?
  マルチエージェント・シミュレーション(MAS)は、これまで人文社会科学で用いられてきた線形・非線形のコンピュータ・シュミレーションとは全く異なる「複雑系」 という新しい考え方に基づいています。
 
 複雑系によるMASの定義は多様ですが、本研究の出発点ともいえるJ.M.エプスタインとR.アクステルの『人工社会:複雑系とマルチエージェント・シミュレーション』(原著1996、邦訳1999 によれば、 「単純な行動ルールに基づく多数のエージェントを、シミュレートする環境にばらまいて、巨視的な社会パターンが現れるのを待つこと」、すなわち、 「社会構造の創発」(ボトムアップによる集合構造の出現)ということができます。 言い換えれれば、「多数の個人の動きから社会全体の特徴的な動きが創発することをコンピュータによってシミュレーションし、 その際の条件や含意を明らかにするという新しい方法論に基づいた研究」といえます。日本の社会科学分野においてMASによる人工社会研究を中心的に牽引されてきた当時の東京大学山影進教授(現在青山学院大学教授) は、2002年に『コンピュータの中の人工社会』を編著し、その後、人文社会科学の研究者でも簡単に利用できるMAS用ソフトartisoc を開発し、その解説書が『人工社会構築指南』(2007)です。

 SD=システム・ダイナミックスとは?
  マサチューセッツ工科大学のJ.W.フォレスター教授が開発した非線形多重フィードバックループ構造のシステムをシミュレーションするための手法です。 メドウズらの『成長の限界』(ワールド・ダイナミックス)で世界的にも有名になった手法です。 そのほかに、フォレスター教授の著名な業績として企業モデル(インダストリアル・ダイナミックス)、都市モデル(アーバン・ダイナミックス) などがあります。
 
 このST(システム思考)とSD用の廉価な簡易ソフトとして、池田の企画を中村州男氏が2003年にSimTaKNを開発して下さいました。 その進化版であるSimTaKN2artisocではartisocに自動的に変換する機能を付加してくれています。 これによって、作成したモデルとシミュレーションの一覧性や透明性・操作性・効率性が飛躍的に高められました。 

以下は工事中 未来実感ラボのフォーラム(メンバーのみ)  作成中の情報など  簡易津波避難モデル

閑話休題コーナー モデルを作る前に因果関係やその関係を図にしてグラフィカルなイメージを探る!  

SD・MASライブラリー  SimTaKNartisocで作成したモデルを紹介。複雑系の自己組織化、相転移、相互作用など  パルロと学ぶSD

未来実感ラボ OECDのSSP人口・経済と温暖化エネルギー関係 モデル化のフレーム 2014921日作成

Copyright: Makoto IKEDA All Rights Reserved